HOME >> 早和果樹園生産部の有田みかん
毎年冬のみかんの時期に、早和果樹園の生産部が作るみかんはないの??という声をたくさん頂いておりました。そんな声にお答えしまして、早和果樹園の若い生産部が作る本格有田みかんを販売いたします。顔が見えるみかんのもう一歩先、栽培のストーリーが見える早和みかん始まります。みなさんも一緒にみかんの成長を楽しみましょう。

8月後半からの予約販売で私達が
作ったみかんを販売します

↓↓↓6/12更新しました。リンクをクリック!↓↓↓

栽培のストーリーが見える早和みかん

今のみかん畑の様子はこちら

今月の生産部の作業はこちら

おまけコーナーカケイくんはこちら



販売するみかんってどんなみかん?早和果樹園の園地で、早和果樹園の生産部が作ったみかんです。今までは「味こいみかん」や「味まろみかん」として、早和の契約農家さんのみかんと共に出荷していましたが、今回の新ブランド『新林(仮)』は、早和果樹園の生産部が作ったみかんのみが入っています。ちなみに『新林』は早和果樹園の中でもとっても美味しいみかんができる畑の園地名です。



新林ってどんな畑なの?「新林」という畑は写真の通り、南向きの超急傾斜の畑です。日当たり抜群、水はけもとってもよく、美味しいみかんが出来る条件をすべて満たしています。美味しいみかんが出来る基本条件、太陽の光をいっぱい浴びること、水をあまり吸いすぎないことをばっちりと満たしています。急傾斜で風通しもよいため、風によるすれキズが付きやすいのも特徴。ただこの傷は腐るような傷ではありませんのでご安心を。むしろ自然の中で立派に育った証です。

↓↓新林をドローンで撮影しました。壮大です♪↓↓


販売はいつから?販売は予約販売を予定。8月のお盆明けから10月末までの予約販売を予定しております。まずは皆さん、生産部の頑張りにご注目ください。少なくとも2週間に1度は更新します。更新情報はSNSやメルマガにて。登録やフォローお願いします♪

早和果樹園Facebook

早和果樹園twitter

早和果樹園インスタ

早和果樹園メルマガ


生産部メンバー紹介早和果樹園の生産部の平均年齢はなんと25歳!逸木課長と岩倉主任で生産部を引っ張ります。若い生産部が大学での研究などを生かし、日々作業に取り組みます。フレッシュな面々の活躍にご注目ください♪



温州みかんの1年



今の畑の様子

今月の作業



栽培のストーリーが見える早和みかん



栽培のストーリーが見える早和みかん



栽培のストーリーが見える早和みかん


栽培のストーリーが見える早和みかん


栽培のストーリーが見える早和みかん



栽培のストーリーが見える早和みかん


栽培のストーリーが見える早和みかん


栽培のストーリーが見える早和みかん



カケイくん。おまけコーナー。今のみかんの大きさはどれぐらい?カケイくんのコーナーです。毎週みかんの果径を測定します。※みかんの直径のことです。収穫のときのベストサイズは6.4cm。これからどんどん大きくなります。お楽しみに。



更新情報はSNSやメルマガにて。また、販売開始情報もこちらからお知らせします。登録、フォローお待ちしてます!

栽培のストーリーが見える早和みかん

栽培のストーリーが見える早和みかん

栽培のストーリーが見える早和みかん

栽培のストーリーが見える早和みかん


↓↓↓過去の記事はこちら↓↓↓


5/30更新の記事